忍者ブログ
  • 2017.11«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2018.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/12/13 20:24 】 |
ブルーカラー夫婦
c7471d37.JPG IMG_1538.JPG 分かり辛いけど、富士山が近くに見えた



IMG_1540.JPG 
 今日もいつもの作業。今日の作業内容は私道にある大きな水たまりのくぼみをなくすべく、川石・川砂利・枯らせた雑草を入れて踏み潰す・・・という原始的なやり方。 いつも仕入れに行くのは渡良瀬川なんだけど、昨日行ったら水が増えててとても収集できないほど川が満ちていたので今日は久しぶりに利根川の利根大関に。 もちろんBGMは「もってけ!セーラー服」から井上陽水まで幅広く。
 もう腰が痛くなるほどたくさん収集したんだけど、家に帰って水たまりのくぼみ1箇所分しかまかなえなかった・・・⊂⌒~⊃*。Д。)-з 大変だ、本当にこの作業は。


 中学2年生の頃抱いた「北海道で農業をやりたいから高校なんて行かない」と、こっそりひっそりおばあちゃんに相談してみたことがあった。おばあちゃん的には「そうか~いいんじゃない?やってみたら?」と前向きなレスポンスがあったけれど、当然私の両親にはまともに話も聞いてもらえなかった。中学3年生の頃の夢「花火師」も真剣だったけど、もちろんこちらの夢は私的には本気でまじめに抱いていた夢だった。 だから、結局私には高校進学は進路プランにはなかった。 でも、高校に行ったから一生モノの友だちができた・・・この事実は私にとって貴重な出来事だ。けど、もし私が抱いていた夢の通りに農業従事や花火師修行者になっていたら・・・とたまに考える。それはそれで、今とは全然違うだろうけどそれなりに楽しい日々を送っていたかもしれない。一生モンの友だちとは、きっと高校以外の所で出会っただろう。

 そして27歳の今。再び夢を取り戻せた・・・かもしれない。以前から本気で考えてきて私の未来にきらきらと輝く道は、やはり自分の努力以外になしえない。人と関わるたびにうまく人間関係を形成することが難しい私には、きっとこうゆう仕事が一番合っているのかもしれない。前向きに考えすぎだけど。
 もうちょっと落ち着けたら、リハビリ・通院をしながら私に与えられたたくさんの時間を使えばなんら問題ないし、早く社会復帰したいという焦る気持ちもやる気に繋がっていくかもしれない。 でも、明日はどう考えているかは、正直分からない。私がポジティブな時って、相当気まぐれ過ぎだということを最近知った。

 30歳までは修行期間と位置づけている20代。こんなダメダメなままでいたら、もう私は個人の私としてもみんなの前で出る私の顔も単なるダメ人間になってしまう。


 とりあえず今は、しびれ始めた全身に早く薬が効いてくれることを祈るのみだ。
PR
【2007/06/16 19:23 】 | ( ´д)ヒソ(´д`)ヒソ(д` ) | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<美的麗人 | ホーム | 葉鹿>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]